農業日記4

土づくり

今日はクローバーのあとにソルゴーという緑肥作物を植えるための準備。クローバーがしっかり分解し、ソルゴーの肥料となる様、有機石灰と鶏糞(けいふん)をまきます。

これが鶏糞。近所でエサにこだわって卵を作っている養鶏所ででたフンを、EM菌という菌(人間にとって有用と言われている菌だそうです)で発酵させてます。とてもサラサラしてます。

こちらは有機石灰。カルシウムたっぷりのミネラル肥料。鶏糞とあわせて有機物の分解を促進するとても良い肥料です。

今日もコロナで休校中の子供が手伝ってくれました。なかなかきれいに石灰をまいてくれてます。

まくこと1時間。ついにラスト一列。うれしくて走りながらまいてます。

ちょっと雑ですが(笑)

その後鶏糞もまき、トラクターでしっかり漉き込みました。

次はソルゴーの種まきです。

今日も学校が休みの息子。ソルゴーの種を一緒にまいてくれるそうです。

これがソルゴーの種。大きな種です。

畑全面にざーとまいていきます。結構アバウトです(笑)

息子にバトンタッチ。リュックのブカブカ感満載ですが、なかなかサマになってます。

肥料をまきながらひたすら畑の中を歩いていきます。

種をまいたら、トラクターで軽く耕うんします。覆土(ふくど)という作業です。しっかり土に種子をなじませるのと、雑草を駆除する意味があります。あとは、雨が降ればしっかり発芽するでしょう!(多分)

田植えの準備~田植え

前回、一度代かきをして土と水をなじませた田んぼ。しっかり田んぼを均平にし、前回の代かき以降発芽した雑草を駆除する意味でもう一度代かきをします。

今回は田植え前の仕上げなので、トラクターの後ろに棒をつけて田んぼをきれいにならします。グラウンド整備のようなイメージです。

このような感じです。田んぼのデコボコをスイーっと整地していくイメージです。

この作業、とても気持ちよいので個人的に気に入ってます。

仕上げの代かきが終わりました。ちょっとデコボコ残ってますが、まあまあきれいになりました。代かき直後は田んぼが濁って土もシャバシャバなので2日ほど落ち着かせてから田植えします。

翌日夕方の田んぼ。かなり水面が落ち着いてきました。いよいよ明日、田植えです。

田植え

雨で1日延期した田植え。今年は近所の方に田植えをしてもらいました。一大イベントなので、しっかり田植えに立ち会い、お手伝いしようと思っていたのですが、いつのまにか「もうやっといたで~」と一言。

なんと田植えに立ち会うこともなく、田植えが終わってました(笑)

申し訳ない気持ちと感謝感謝の気持ちでいっぱいです。無事に済んで何よりでした。

除草作業

無農薬栽培で一番大変なのは除草作業。除草剤を使わないコメ作りは本当に大変です。

いろいろ知恵絞って除草作業しようと思います。

これは手作りの竹ほうき除草機。(ホームセンターで6本も竹ほうき購入し、異様でした)これをもって田んぼの中を歩きます。竹ほうきで田面をブラッシングするイメージです。

雑草が発芽しないよう、土を動かし、水を濁らせるのが目的です。

写真では分かりにくいですが、竹ほうきで通ったところは土が荒らされ、水面が濁ります。一日くらいはこのまま濁り続けるので雑草の発芽が抑制されるという理屈です。ブラッシングされた稲はすぐに起き上がります。稲は本当に強いです。

除草作業②

竹ほうき除草すること半月。2~3日に一度の頻度で竹ほうき除草やってきましたが、チラホラと雑草が発芽してきました・・・。

作戦変更で、「チェーン除草」というのにチャレンジします。

今日は娘がチェーン除草機作成のお手伝いをしてくれました。50個もあるチェーンを一つ一つ、地道に取り付けしてくれました。

完成しました!チェーン除草機はチェーンを田んぼの中で引きずるのですが、チェーンの重みで土ごとゴリっと削るイメージです。少々の雑草であればチェーン除草機で削りとれるという理屈です。どこまで効果あるかわかりませんが、楽しみです!

玉ねぎ収穫

いよいよ玉ねぎの収穫時期がやってきました。ほんの少し早めですが、梅雨に入る前に収穫してしまいます。

今日も息子が手伝ってくれました。(もちろんおだちん目当てですが・・・)

なかなか良い出来で何よりです!(こんなのばっかりではありませんが泣)

息子が手伝ってくれたおかげで相当早く収穫が終わりました!

この後、雨が降る前にビニールハウスに移動させ、天日乾燥します。しっかり水分を抜くことでカビなどの腐敗を防ぎ、貯蔵性が高まります。

ハウスへの移動作業。娘もかけつけてくれました。(野次馬ですが・・・)

おかげで雨が降る前にビニールハウスへ運びこめそうです。

これが終わるとしばらく落ち着きます。

ソルゴーとお米の状況

先月播種したソルゴー。こんなに大きくなりました。夏に向かえば向かうほど大きく生育していくような感じです。ところどころ歯抜けありますが・・・泣。ともあれ、今のところは生育順調です。

こちらはお米。田植えからほぼ1ヶ月が経過し、かなり大きくなりました。

竹ほうき&チェーン除草の効果か、雑草の発芽を結構抑えることができました。

1ヶ月たつと稲にコシが出てきて、これ以上チェーン除草すると稲にもダメージがきます。(パキッと折れる感じ)なのでこれでチェーン除草は終了です。後は静かに見守ります。

これだけ生育すると、雑草にも負けないでしょう!(多分)

丹波黒大豆とタマフクラの種まき

丹波といえば黒豆をイメージする方が多いのではないでしょうか。正月のふっくら煮豆だったり、粒の大きい枝豆。そんな丹波黒大豆の播種時期がやってきました。

息子と娘を動員し、今日はみんなで種まきです。

これが黒大豆の種です。豆に白い線がありこれを「へそ」と呼んでいます。ここから根をはるので、へそを下向きにして種まきします。

一粒一粒向きを確認しながらの種まき。なかなか根気のいる作業です。(泣)

これは「タマフクラ」という大豆。北海道で新品種登録された大粒の黄色い大豆。母親はなんと丹波黒大豆らしいです。今は北海道で栽培されていますが、丹波でも栽培できるのかちょっと試してみます。

丹波黒大豆と同じようにへそを下向きにして種まきしていきます。本当に色が黒か黄色かだけで丹波黒大豆にそっくりです。

種まきが終わりました。ここから上に土をかけて水やりします。

黒大豆は過湿に弱く水やりしすぎると腐ってしまうらしく、新聞紙の上から水やりをすると良いとのこと。しっかり発芽してほしいものです。

種まき再チャレンジ

先日種まきした黒大豆とタマフクラ。種が余ったので翌日も追加で種まきしたのですが、すこぶる発芽率が悪いです・・・泣。

色々な方にアドバイスを仰いだところ、「土が悪い」「水やりの仕方が悪い」ということが分かりました。

土はホームセンターで安い土を購入したのですが、サラサラしすぎて水持ちが悪く、種が発芽に必要な水分を吸収できなかったのではないかとのこと。

あと、黒大豆は水のやり過ぎは苦手ですが、さすがに播種直後はしっかり水やりが必要とのこと。まだギリギリ間に合うタイミングですので、もう一度種まきチャレンジします!

自称「一番弟子」の息子にヘルプしてもらいました。土もJAで種まきに適した土を購入。確かに土のしっとり感(保水性)が違います。

種まき後、今度はしっかり水やりしました。今度こそしっかり発芽してほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました