農業日記5

黒大豆、タマフクラの植え付け

1回目、水やりに失敗しましたが、2回目はきっちり発芽しました!やっぱり、水やりと土ってめちゃくちゃ大切なんですね。本当に勉強になりました(まき直しした一週間、スタートが遅れてしまいましたが)

ちょっと苗が小さいですが、明日から雨続きみたいなので、このまま植え付けしてしまいます!

これが植え付けの超便利な道具、その名も「なかよしくん」。

使い方は簡単。まず苗をとって・・・

植えたい場所にグサッとさして、なかよしくんに投入。

グリップを握りながらスポッと引き上げれば植え付け完了。

かがまずできるので、腰の負担も少なく、作業性もばっちり。一気に黒大豆とタマフクラの植え付けをやってしまいました。

黒大豆、タマフクラの土よせ(1回目)

植え付けして1週間後。雑草が生え始めたので、初期除草。「土よせ」をします。

豆の根元に土をかけてあげることで、倒伏にも強くなり、根っこがしっかり張るようになり、雑草も駆除できるという三拍子そろった必須作業です。

本当は機械で土寄せしたいところですが、種まきが遅れたこともあり、豆の生長が少し遅いので、今回は手で土よせしました。(右側が土寄せ後、左側が土寄せ前)

黒大豆、タマフクラの土よせ(2回目)

今年は本当に梅雨が長く、ず~と雨。おかげで雑草は伸び放題。だけど、雨で畑はじゅるく、(じゅるい=ぐちょぐちょ(丹波弁))機械作業ができず、やきもきする毎日。そんな中、2日ほど晴れ間がさす日があったので、無理矢理、機械で土よせしました!

これが土よせを行う、耕耘機。この機械で豆と豆の間を走ります!

タマフクラ畑終わりました!

黒大豆畑①終わりました!

黒大豆畑②(メインの畑です)終わりました!ここは乾きが少し悪く、畑がネトネトで結構大変でした・・・泣。

これでしばらくスクスク育ってくれるでしょう。

お米の栽培(中干し)

稲も大きくなってきたので、一旦、「中干し」という作業をやります。

中干し(なかぼし)とは、生育の途中で水を抜いて畑を干して乾かすという作業のことです。

中干しはやるべきとか、やらないべきとか色々な意見ありますが、収穫時の作業性を優先して中干しは毎年やっています。

お米がスクスク育っても、収穫の時に田んぼがじゅくじゅくで機械が入れず、収穫できなければ意味が無いからです。

一気に水を抜きます。もったいない気がしますが、やむなしです・・・。ものすごい勢いで水が抜けていきます。しっかり田んぼを乾かします!

お米の栽培(中干し終了)

今年は本当に雨続きの毎日でなかなか田んぼが乾きませんでしたが、ようやく田んぼに軽くヒビが入りましたので、ここで中干し終了。水を入れることにします。

軽くヒビが入る程度に乾かしておくと、水はけが良くなり、収穫時の作業性が格段に向上します。(田んぼが乾かないとコンバインによる収穫ができなくなることも)

水が入った田んぼ。収穫まで残り2ヶ月程度。グビグビ水を吸って大きくなって欲しいものです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました